一昔前、青文字系ファッションの中でもサイバーファッションがえらい流行っていたのご存知でしょうか。

私もまさに10年程前は派手で無機質な人工素材のヘアピースにガスマスク、きついアイラインにカラーコンタクトを入れた近未来アンドロイドを思い浮かべるようなサイバーファッションやダーク要素を含んだサイバーゴシックファッションをよくしていました。
……

まぁ、今思うとある一種のコスプレのようにさえ思えてしまいますね。
このファッションイギリスなどでは未だにエモ系のファッションと同様に人気が高いようです、クラブカルチャーなどでは未だこのようなファッションをしている方って結構多く居るそうです。

日本では10年程前には原宿にもFotus・Cyberdog双方店舗があったので、私もよく通っていました。
先日部屋の整理をしていたらこのようなアイテムが沢山出てきて本当に懐かしく思えてしまいました。

流石に……ハロウィンのイベントでも無い限り今ではもう着る事もガスマスクを付けるなんて事も出来ませんが、その当時を思い浮かべると本当に懐かしいなと思えてしまいます。
やはりかなり奇抜な恰好だったので親には色々言われたものですが、『こういった奇抜な恰好の分、誰にでも優しく親切の出来るいい人間になりなさい』なんて言われた事を思い出します。

当たり前の事かも知れませんが、目立つ分悪くも見えてしまうものです。
けれどこの親の教えは本当に正解だったと思えます。
自分にいつか子供が出来て特殊系のファッションをしたいなんてなったら是非ともこの事だけは私が親に言われたこの事だけは教えようと思えました。

最近は、いいなと思う服があっても一旦保留するようにしています。

先日も、何となくふらっと立ち寄ったショップで好みのニットワンピを見つけました。
私の身長だと短すぎる事もなく、ちょうどいいくらいの膝丈になりそうでした。
しかし、その時はいくつかの荷物を持っていたので試着をするのは少々面倒でした。
それまでの私だったら、何も考えずその場で購入してしまっていたのですが、それによって後悔してしまった事が何度もありました。

この時のニットワンピも、多少ゆったりしているものの体のラインが強調されそうな感じでした。
それに、当たり前ですが鏡の前で合わせるだけと実際に試着するのとでは見栄えが全然違いますよね。
なので、また日を改めて行ってみて、その時にまだ残っていれば試着してみようと思います。
とてもシンプルなデザインで着回ししやすそうでしたし、これから寒くなるにつれて着用の機会も増えそうです。
何より、2000円程度と購入しやすい値段だったので相変わらず検討対象です。

他にも気になる服はいろいろありますが、やはりよく考えてから購入したいものです。
購入したのはいいけれど、想像と違ったりとか思いのほか活用する機会がなかったりしてタンスの肥やしになるような事は今後避けたいです。
もちろんその時期に最新のアイテムを取り入れるようにはしていますが、なるべく手元にある服と合わせて着回せるものを選ぶようにしています。

衝動買いはせず、かといって優柔不断にもならずに決めるのはなかなか難しいところです。

私は一人で買い物へ行くのが苦手。
その理由は一人だとどれにしようかと迷ってばかりでなかなか決断できないからです。
だから買い物へ行く時はいつも友達を誘っていきます。
たいてい、自分とファッションの好みが似ている子と行くんですが、仲間うちの一人にものすごくスタイルのいい子がいます。
その子と買い物に行った時に失敗した経験が一度だけあります。
ボトムスが欲しくてあるショップで探していたところ、その友達が「これかわいいんじゃない」とすすめてくれたのがケミカルウォッシュのジーパンでした。
当時ちょっとトレンドではあったものの、私がはいたらただのダサい人になってしまうのでは…という不安もあり、絶対自分では選ばないであろうアイテムだったんですよね。
でも、友達のすすめなので、試着してみると、店員さんと一緒になって「すっごくかわいい!似合ってる!!」と大盛り上がり。
確かにそこまで変ではなかったので、勢いで買うことにしました。
が、自宅に帰って鏡の前ではいて立ってみると、やっぱり何か違うよね…という感じ。
母にも「あまり似合わない」と言われて買ったことを後悔してしまいました。
友達もおソロでそのケミカルウォッシュを買ったんですが、やっぱり脚が長くてスタイルがいいので、全然おかしくないんですよね。
友達の手前、返品や交換なんてできないので、一度もはかずに放置したまま。
買い物は同じような体型の友達と行くほうがいいのかもしれません。

冬といえばブーツですね。
しかも、ロングブーツやニーハイブーツなど丈が長いものは冬しか履けないといっても過言ではないでしょう。
そして、そういった丈が長いブーツに合わせるボトムといえば、どうしてもミニスカートかショートパンツばかりになってしまいがちです。
寒さに弱く、年齢的な意味で脚を露出する勇気がなくなってしまった私にはなかなか高いハードルです。
ロングブーツでも、若干短い丈であれば膝丈のスカートと合わせられなくもないのですが……やはり、もう少し長い丈のスカートの方が落ち着きます。

そんなわけで、ブーツは断然ショート派です。
スカートコーデにもパンツコーデにも合わせられるので、とても使い勝手のいいアイテムです。
特に、今年ブームのミモレスカートに合わせられるブーツはショート丈のものしかないでしょう。
丈の長いスカートに、同じく丈の長いブーツを合わせていてもお互いのアイテムの魅力を相殺してしまうんじゃないかと思うのです。

ミモレスカートとショートブーツの組み合わせは、まさに今年流の冬ファッションともいえそうです。
冬らしく、厚めの生地だとかチェックやアーガイルなどの柄のものがよさそうです。
スカートで覆われている面積が広いので、オシャレと防寒を両立できるところもポイントです。
ボトムにボリュームがあるので、アウターとトップスはなるべくコンパクトに抑えたいところです。

ミモレスカートとショートブーツのコーデはまだ試行錯誤中なので、これからいろいろ情報を集めて今年の冬ファッションを楽しみたいです。

私の弟は、自分のファッションスタイルをまったく気にしていません。
大学生ですがバイトをしているので、それなりに収入はあります。
しかし、その収入で服を買う事はほとんどなく、趣味のゲームに費やしています。

そんな弟のファッションは、何枚かのTシャツやジーンズをひたすら繰り返して着るばかり。
しかも何年も着ているので、服自体もかなりくたびれてしまっています。
他の季節はともかく、冬になると3枚のトレーナーを着回す日々。
今年の頭までは5枚だったのですが、2枚は直せないような穴が開いてしまったため処分したとの事です。
高校生の頃から毎年冬に着ているブルゾンも、かなりボロボロになっています。
一度本人に「いい加減新しい上着買ったら?」と言ったのですが、「自分だけおしゃれしてると周りから浮く」と受け流されてしまいました。
危うく「そんな事言ってるからいつまでもダサいんだよ!」と言いそうになりました。

20代前半といえば、特にいろんなファッションを楽しみやすい年代です。
私も20代前半の頃は今に比べてさまざまなファッションスタイルを楽しんでいました。
せっかく若いのにもったいないです。
常にトレンドを取り入れろとは言いませんが、せめてもう少しファッションに気を遣ってくれればと思います。
冬服メンズ2015

当然というのもあれですが、弟に彼女はいません。
むしろ、女の子からモテているところを見た事は一度もありません。
肘のあたりから綿が飛び出しているようなブルゾンを着倒している限り、彼女ができる事はないでしょう。
まずは冬に向けて、おしゃれなアウターを用意させる事から始めようと思います。

冬になると、服装だけでなく靴下も暖かいものを選ぶようになります。
足の爪先はとても冷えやすいので、日によっては普通の靴下では間に合わないという事さえあります。
なので、毎年冬は厚手の生地の靴下を愛用しています。
これからの季節に向けて、足元も防寒対策が必要になってきました。

活用方法としては、くるぶし丈ソックスの上から厚手のハイソックスを履くというものです。
厚手の靴下はその特性上ごわごわしていたり毛糸を使っていたりして、素肌の状態では履き心地がよくないものが多く感じられます。
下にくるぶし丈ソックスを履く事によって、履き心地を損なわず足元をより寒さから守ってくれるのです。
さすがに外出先では諸々の事情でやりませんが、自宅ではほぼ必須の状態です。

「それならルームシューズでいいのでは?」と思われるかもしれません。
実際、最初は私も思いました。
しかし、フローリングの洋室が多いお宅ならともかく、我が家は畳の和室が多いのです。
和室に出入りするたびにいちいちルームシューズを脱いだり履いたりするのは、結構面倒です。
もちろんルームシューズには普通のスリッパより暖かいし歩きやすいという利点もありますが、私の住宅環境ではちょっと難しいです。

先にも書きましたが、足が蒸れすぎてしまうので外出先での長時間着用には向きません。
服のコーデによっては、レッグウォーマーもいいかなと思っています。
フェミニンなコーデには合わないでしょうけど、カジュアルな服装であればレッグウォーマーを合わせやすそうです。

以前は、どうしてもアニマル柄に手を出せずにいました。
かっこいいのだけど、コーデが難しそうだと思っていたのです。
実際、アニマル柄というだけでインパクトは強いですし、コーデを間違えるといかにも肉食って感じがしそうだったのでなかなか挑戦する気になれなかったのです。

そんな私がアニマル柄の服を着るようになったのは、お気に入りのショップで見つけたTシャツでした。
モノトーンのゼブラ柄で、全体の柄以外は余計なデザインもなく、インパクトは強いものの比較的シンプルでした。
これなら着られるんじゃないかと思い、その場で購入しました。
帰宅後、さっそく持ち合わせの服と合わせてみました。
今までは「柄ものはメイン」という固定観念があったのですが、インパクトの強いアニマル柄のTシャツは、上からシンプルなトップスを羽織る事で派手さを抑える事ができると気づきました。
幸い、シンプルなカーディガンやパーカーは着回しやすいという理由でたくさん持っているので、Tシャツ自体は1着しかなくとも別のコーデを楽しむ事ができそうです。

それからは、Tシャツであればアニマル柄も着るようになりました。
周りの友人からも「アニマル柄着るようになったんだね!」と驚かれました。
自分でも、抵抗なくアニマル柄の服を着られるようになった事に驚いています。
今はまだ控えめなコーデですが、今後はアニマル柄メインのコーデをいかに上手に着こなすかも研究していきたいです。

長年愛用していたコートがだいぶ古くなってしまったので、そろそろ新調しようと思っています。
ショップや通販サイトなどを見ては何にしようか迷っていましたが、最終的にはトレンチコートが気になっています。

トレンチコートといえば、流行り廃りなく着られる定番中の定番アウターですよね。
もちろんその年によってデザインに違いはあるものの、よっぽど変わったデザインでなければ何年も着ていられます。
今年はロング丈のアウターが流行っているらしく、通常より丈の長いトレンチコートもいっぱい揃っています。
冬に着るのなら、季節感があるチェック柄もいいですね。
チェック柄も流行り廃りのないデザインなので、困る事はなさそうです。

今年のトレンドであるロング丈や冬っぽいチェック柄も魅力的なのですが、やっぱり従来のシンプルなトレンチコートに落ち着きそうです。
なんといっても、シンプルなデザインなのでコーデに困りません。
アウターがシンプルな分、中に着る服のコーデの幅が広がります。
特に、普段好んで着ているパンツスタイルとは相性抜群です。
ビジネススーツの上から羽織っても違和感がないので、寒い冬の通勤スタイルにもピッタリです。

シンプルな分、カラーで遊ぶ事もできます。
冬に着る服はどうにもダークカラーが多くなってしまいがちなので、明るい赤や黄色でバランスを取ってもよさそうです。
でも、活用の幅を考えると他のカラーと馴染みやすいベージュか黒で落ち着きそうです。

私は結構服においてはILLIGやAbbey Downなどの海外ブランドのものが好きです。
何だか日本のものとは違いまた別の新鮮さがあっていいななんて思えてしまうので結構愛用しています♪
しかしこういった海外アパレルって国内でリアルでショップ展開をしている所って本当に少ないので、買い物をする時は基本的にはネット通販の輸入サイトで購入がメインになってきます。
しかし海外系のファッションブランドというと、やはり海外製のサイズ展開になっているのでコレで失敗をしてしまった経験って結構あるんです。
何を失敗したのかというと日本ではMサイズでぴったりかちょっと余るくらいの私ですが……海外ブランド換算でSサイズを購入したら日本のLサイズくらいのブカブカで『これは失敗だ!』なんて後悔をした事があります。
また、意外にもセレクトショップなども多い事が影響してか返品交換NGなんて事も……これほど勿体ない事って無いのでは? と、思えてしまう失敗ですよね。
本当、だいたい海外通販を用いる人って日本でMならそっちじゃSでOKでしょ?
なんて安易に思えてしまうものですが、本当に着丈などを計算しておかないとジャストサイズのものが購入出来ない! なんて事もあるので要注意が必要となってきます。
中には有名ブランドなどとなると日本サイズに直して販売されている所もありますが、そうではないとこういったミスにはまってしまう可能性が高いです。
日本ブランドのものではない限り着丈のチェックだけは欠かせないものだなと思えますね。また通販で買う時事前にレビューや感想などをして情報を出来るだけ多く取り入れる事も大事なのでは? と、思えてしまいます。

今年の秋のファッションで気になるのが、ちょっとレトロな「60年代スタイル」と「スポーツMIXスタイル」です。
その中でも、昔流行ったようなチェック柄やハウンドトゥース柄、スクールガールっぽいイメージのストレートなシルエットのコートや、ノーカラーのポンチョ型のコート等に注目しています。
それに合わせてフェミニンなワンピースも、どちらかというとボックスシルエットの物をチョイスして、ロングブーツもニーハイの物を合わせると、60年代テイストが強調されて可愛いコーディネートになりそうな気がします。
今年の秋は、そういったレトロテイストのアイテムを今っぽくアレンジしたファッションに是非チャレンジしたいです。
また、今年の春夏も流行した“スポーツテイスト”のファッションからも目が離せません。
スウェットにフェミニンなスカートと華奢なパンプスを合わせてMIXスタイルにするのも楽しいですし、秋はアウターが活躍する季節なので、例えばインに着るファッションは足元までスポーティにコーディネートして、チェスターコートやニットコートのアウターでハズしたファッションも面白いと思います。
素敵なアイテムが続々と登場するこの季節、遊び心を効かせたコーディネートで素敵な秋を過ごしたいものです。

 

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com